hidemaru macro

2017.05.31 Wednesday 08:12
0
    //
    // FILEOPEN.MAC
    // よく使うファイルを開く
    //

    main_menu:
    mousemenu
    "■ FILE(ファイル)を開く ", // 1
    " ・Passwordファイル", // 2
    " ・勤務実績ファイル", // 3
    " ・ブログ投稿用" // 93
    ;


    if (result==0) goto main_end;
    else if (result==2 ) openfile "■dir■¥¥password.txt";
    else if (result==3 ) execmacro "勤怠時間FILEOPEN.mac";
    else if (result==4 ) openfile "■dir■¥¥会社(OpenEcology)¥¥作業履歴¥¥作業履歴(200903以降).txt";
    else if (result==93 ) openfile "■dir■¥¥会社(OpenEcology)¥¥作業履歴¥¥ブログ投稿用.txt";

    main_end:
    endmacro;
    //

    ★★★★★★★★
    ★★★★★★★★
    ★★★★★★★★


    //
    //MAC_MENU.MAC

    main_menu:
    mousemenu
    "■ 挿入(時間) ", // -- 1
    " ・今日の日付カッコ有)", // 2
    " ・今日の日付カッコ無)", // 3
    " ・現時刻", // 4

    "■ 挿入(他) ", // -- 5
    " ・リンク", // 6
    " ・div newsタグ", // 7
    " ・日記フォーマット", // 8
    " ・todoリスト見出し", // 9
    " ・Directory名、FILE名の表示", // 10
    " ・かっこ", // 11
    " ・Document :フォーマット", // 12
    " ・tableタグ", // 13
    " ・echo", // 14

    "■ 挿入(段落番号) ", // -- 15
    " ・まる数字", // 16
    " ・アルファベット", // 17
    " ・数字の記入( .で区切る)", // 18

    "■ 変換 ", // -- 19
    " ・小文字 <<----->> 大文字 変換", // 20
    " ・指定桁折・連結・挿入マクロ", // 21
    " ・タグ->空白置換", // 22

    "■ その他編集 ", // -- 23
    " ・空白行削除", // 24
    " ・罫線を引く", // 25
    " ・sort", // 26
    " ・uniq(並ぶ重複行削除)", // 27
    " ・sortuniq(重複行削除)", // 28

    "■ grep(検索) ", // -- 29
    " ・対象行のみ抽出", // 30
    " ・検索文字の強調表示" // 31

    else if (result==2 ) execmacro "today1.mac" ;
    else if (result==3 ) execmacro "today2.mac";
    else if (result==31 ) execmacro "find.mac";

    main_end:
    endmacro;
    //

    全体イベント


    スケジュールがないからかってにひかれてしまう それはまずい こっちの都合のいいスケジュールあるよというのにすべき

    このあたりがめどがたって形になってきてから、あらためて 社内展開とうをお願いするという形で十分だと思っています
    するのはいいがいまのタイミングではない。逆にやろうとすると混乱するだけ
    足元がおぼつかないなかで展開しようとしても、逆に混乱するだけなので 

    salesforceのように大手企業がつくったアプリの上でカスタマイズするのではなく
    土台をつくらないといけない

    打ち合わせも今日限りで続ける必要はないと思ってます 秋とか冬とかに今まだ 足元かたまってからあらためてお声かけするという形でいいと思う



    データを3回入力 1号機2号機もんだい

    端末入力でいいの?
    USBで?自分のPCで?自分で入力したのをコピーしたいはず

    運用手順書
    サーびすていし
    バックアップ
    ftp
    バックアップ失敗時はメール
    例えば今日ディスク障害がおこったらどうするか
    2号機からデータもってくるにしても GUIツールで 1号機 2号機 デグレおきないようにExcelマスタで管理
    3か所におなじデータを管理してないといけない
    2号機でーたはバックアップとしてhあつかえない あぶなすぎる 整合性gあtれない
    あるべきは日時バックアップで今日の2:00まではもどせる そこからあとは再入力してというアナウンスならわかる

    インシデント処理
    インシデント処理とは、お客さまのシステムで発生したトラブルやQAに対する、発生から問題解決までの対応作業のことである。
    トラブルの受付から回答までの流れを以下に示す。

    テスト環境をつくってわかりやるいようにすうる ためせるようにする


    ジョブ運用 ジョブスケジュールの確認 ジョブスケジュール変更時のチェックシート C5OMf6
    ジョブ運用作業実施結果
    定型ジョブの起動 定型ジョブ起動時のチェックシート
    随時ジョブの起動 随時ジョブ起動時のチェックシート
    磁気テープの操作 磁気テープ操作時のチェックシート
    異常時のリラン 異常手順実施時のチェックシート


    こうう昨日ないの?という議論もあるとおもうし
    んぜこういうのを確認せずに いきなりぶっこんでるのか?という議論もあると思う


    ★運用管理
    システムバックアップ運用 バックアップ運用 バックアップ作業チェックシート バックアップ運用作業実施結果
    バックアップ媒体管理 媒体管理チェックシート

    エンジニア資料もない 設計書ない
    システム構成管理
    社内展開するまえに整えたい

    システム環境管理 システム環境定義体の管理 − システム環境管理ドキュメント
    システム環境定義設計(増移設時等) システム環境定義

    工数・コスト管理方法の決定 工数管理方法の決定 工数管理方法 プロジェクト管理ドキュメント(コスト管理)
    コスト管理方法の決定 コスト管理方法

    知らない人がこのメールをみると
    運用PM 共通SDのだれもがつかえるんじゃではないの?と勘違いおこす

    トラブルがおきるのは現場でも
    おきやすい環境をつくった責任は、より上流工程にある そういう環境にしていいのか?

    複数テーブルに整合性がらある
    GUI作業途中に、

    修正はこのまま

    新規登録については
    ちいさい件数のプロジェクトからテスト運用してみる

    いきなり手本番環境につっこむのではなくて
    こちのエリアからテスト環境につっこめるようにする

    バックアップ
    トラッフィック量をみる


    情報共有資料がない

    運用PM共通SD の文言 けせや

    Excelツールでおちてもきづかない
    とうろくされないまま 本番運用ということになりかねない



    4)視野の拡大
     とかく業務機能の設計に目を奪われがちになる。しかし、設計には、性能、運
    用性、柔軟性/拡張性、保守性等、業務機能以外の視点も必要である。特に、下
    記がおろそかになる。視野狭窄とならぬよう注意のこと。
    ・DBアクセス性能(DBレコード件数,データバリエーション,格納順等)
    ・データベース運用(マスタセットアップ/変更,DB切替え)
    ・バッチ処理運用(処理時間,多重度,オンラインとの競合等)
    ・端末運用(資産反映,共用等)





    システムの運用管理として以下がある。

    ・ネットワークを使用するもの
    .螢癲璽抜道襦稼動監視
    ▲螢癲璽帆犧
    サーバ向けアプリケーションソフトウェアの自動配布(ソフトウェアの配信ツールの使用)

    ・その他
    け人儡浜体制の管理
    ネ用者教育
    Ε泪縫絅▲訐鞍
    Д悒襯廛妊好の導入

    ・サーバの運用管理
    データのバックアップ
    障害発生時の対応

    ・使用しているメモリ量が常に2/3以上使用されているようなら、増設したほうがよい。


    2 エラー検出の効率化

    方法 実現機能
    多種多様なメッセージの中から,ソース名やイベントID,文字列等をキーワードとし,重要なメッセージのみを監視対象とする.
    SystemWalker/CentricMGR
    イベント定義機能

    せめて足場をかためてから次の作業にうつるべrき

    運用PM 共通SD のん文字をけす
    できないことはできないということが 仕事





    スケジュールがないからかってにひかれてしまう それはまずい こっちの都合のいいスケジュールあるよというのにすべき

    全体イベント phase1 phase2 リリース準備 phase3

    Phase1 eeeeee設計

    eeeeee開発

    eeeeeeテスト

    Phase2

    rrrrrr

    Excelマクロ エラー対応
    入力チェック対応



    課題一覧

    バックアップ方式 cron作成
    シェル作成


    運用PM/共通SD用テスト環境
    簡易テストツール Api → Rule_Engine.php
    業務Gr用テスト環境整備

    設計資料がない rrrrrrに関する資料
    Excelマクロに関する資料

    システム構成管理

    運用方式設計書 バックアップ
    リストア
    ログ
    セキュリティ
    メンテナンス

    1

    メンテナンス

    バックアップ方式

    rootユーザー

    新規登録については
    ちいさい件数のプロジェクトからテスト運用してみる

    いきなり手本番環境につっこむのではなくて
    こちのエリアからテスト環境につっこめるようにする

    バックアップ
    トラッフィック量をみる


    情報共有資料がない

    運用PM共通SD の文言 けせや

    Excelツールでおちてもきづかない
    とうろくされないまま 本番運用ということになりかねない

    eeeeeeリリース準備

    ★利用手順書や社内展開する前にすべきこと

    改善回収
    テスト環境でさわってもらう
    バックアップ




    Webへの移行
    Csv選択してよびこみ
    あるべきかたち
    自分が身に付けたいスキル
    ガチガチにかたまった申請フォーマットをよむ
    すべてweb画面から操作する

    とうろくめいごとの最終更新日時

    マスタがそれぞれがexcelてバージョン管理してる状態

    アラートviewりりーすしちやえ
    今かいてる処理の流れの下にテーブルかく


    募集中の仕事みればニーズがわかる

    Pmつくったシートからコピーしてくるマクロ

    必須チェックする

    Pmよう環境と見やすくする

    Mdashboardに用語集つける

    Drugdropでexcel読み込み

    ファイル読み込んでセルの中身からカラム位置をわりだしてexcelを読みこむ

    Mdashにgitを加える

    具体的に配慮すべきはどの文字が、どのケースか

    既存のシステムにあわせてだす。jp1に。

    過去のやすだwinpassどうなってたの?マッチングとRessoは

    デグレしないように全部テストする

    暫定対応
    []をとればいい

    イベントid
    の列をつける4table
    イベント連番という名前にする


    2ページを一枚に
    へっだーつける

    Pmサイト
    Excel連携

    あさくじざんぎょうつける

    みためでうれるじだいだから売りやすいはず

    一時保留 テーブル具体的なパターンを聞き出す

    終日の画面を見てみる

    開発環境と本番環境 どこのログまで同じなのか

    単純にテストケースが間違ってそう4つ二つではなくて2つと1つ

    地銀 データ 本当に消して良かったのか 確認すること

    ApihinD



    現在の削除方式が危ない登録名タイプ登録名で一括削除だと全部データが消えてしまう。 新人が100行だけ insert するすると既存の900行が消えてしまうことがある
    だから削除するときは1行ずつ削除すべき
    現場は削除 前に データの確認をしている
    だから誰でも使いようにするのは危険
    そのためには全体の通し番号が必要

    現場でも4つのカラムでユニークしては出来るが連番を数値として扱っていると間違ってわり振り直してしまう可能性がある
    間の連番を削除したときや 行並び替えした時に数値を並び替えしてしまうと 危険 ユニーク値が変わってしまう 社員番号のような 10桁固定のコードだと勝手に割り振ったりはしないが 単なる数字の連番だと悪い振り直してしまうかもしれない
    だから固定のコードがあった方がいいしかし現場3桁4桁5桁などバラバラになっているそれをどうするか検討が必要

    結論として一括登録機能を作る前に設計上検討すべきことがある。 それをクリアしないと他の人が使えるようにするには危険

    連番の割り振り方がkmpや odc で違う

    そもそも本当に運用 pm や共通グループに公開するのかという問題がある。
    今のままだと設計がイケてないので 本当にそういうシステムつくのであれば業務設計をきちんとしてから次の フェーズ に取り掛かりたいという気持ちがある

    そもそも今後どこまで実装するのかというスコープが決まってない。 kkkkのデータを沖電気の担当者が削除してしまうことがありえる。それならば データ操作する人を制限するという方法もある

    該当なしアクション ID は案件 定義テーブル ではなく他のイベントと同じイベント定義テーブルにどれにも当たらない、 場合のレコード を作るべきだった

    kkkkひどかった
    これからないよね
    ごえいぎょうびまえ

    とえす
    番号は要らないって
    まだ使えない 昨日 GLAY アウトする

    カスケード方式でデータは芋づる 方式で消せるようににしたほうがいいのかな るようにしたほうがいいのかな

    テーブル構造のあるべき姿
    イベント定義とインシデント起票は同じテーブルにすべき
    対応定義ではなくイベント定義詳細テーブルの意味

    ツールが二つあると何が発生する 片方で反映した更新がもう片方に反映されないエクスポートは必須

    本番リリースはテスト環境でユーザーに使ってみてからにしたい テスト環境を用意する

    分かりにくい機能やまだリリースしてない昨日はグレーアウトして使わせないようにしよう

    正規表現の のセレクトボックスをグレーアウトする

    解放前にバックアップをする

    除外設定は繰り返し登録がユニークキなので 更新する場合は削除してから新規登録となる

    新しい機能についてはrrrrrrはノータッチ 改修が必要

    除外設定のカレンダー機能が今のrrrrrrにはない

    Guiメンテナンス画面でアクセス制御しても excel エクスポートツールで裏口からデータソースできてしまう

    ツールが2つあるのが危ないもう片方を制御できない

    機能ごとのリリース工程は必要

    まずは 参照だけにする後更新だけにする
    新規登録と削除はデクレが発生する 可能性が ある。 ユニークキーがずれる可能性があるのは危ない。 ユニークキーがずれてるのはシステム側では感知できない

    多くの人が触るのであればバックアップ機能は必要

    システム側で で吸収しないと現場が混乱するだけ

    たぶん温度差はかなりある ワークフローという単語が出てくる前でおかしい 他にすべきことがたくさんある

    スケジュールを自分で弾く主導権を握らせない

    自分はバックアップを3種類とっている普通のバックアップ解析用バックアップ他サーバーへのバックアップ

    テスト環境の用意
    やり直したいのは彼ら自身が何を持っておけなのかわからないことですやりに聞くことの問題

    自分の思っている懸念事項をシェアしといた方がいい

    rrrrrrアドミン ようなツールをテスト環境に良いする デイビーとメッセージログを入力できるようにするマッチングする

    利用手順書の更新は後回し
    そうしないと 二度手間 になる 効率がすごく悪い

    ワークフローという単語が出てくる時点で温度差がある

    Guy だけでなく rrrrrr データベースやエクセルマクロとの整合性が不可欠全体観が必要

    システムとしての守りがない

    エクセルシートから大分類中分類ビデオ削除をする

    つなぐ端末用意するは違う これらを書く方式設計書早く書く

    キャッチボールのような形で埋めるものではない
    運用方式設計書を書く

    空白のあるデータを登録してもエラーにならない

    運用方式設計はきちんと考えて作るべき 会話のキャッチボールで作るべきではない

    結局固い一覧が必要

    30管理になってるのを詰めた方がいい

    2号機をバックアップデータとして使うのは危ない

    ドキュメントがない

    貰ったデータからテストを作るのでなくて生のログデータもらってテストを作るべき

    kkkkの時のように データの入れ間違いや 漏れがあった場合どうやって検知するのか

    他の人の作業中に アクションを起こすとエラーになるよねどうやって対応する

    金融のデータを含んでいることからサービスレベルをそこまで引き上げる必要がある


    テスト環境をまちくる

    生のデータからテストデータを作る




    category:秀丸 | by:ittoocomments(0)trackbacks(0) | -

    スポンサーサイト

    2018.11.13 Tuesday 08:12
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment








         
      Trackback
      この記事のトラックバックURL

      ad
      Calender
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>
      Selected entry
      PR
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 円マークが自動変換されてる
        aaaaaa
      • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
        66hills
      • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
        ssd
      • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
        max
      • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
        DOM
      • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
        DOM
      • コンピュータ業界の根本的な変化
        cloud
      • コンピュータ業界の根本的な変化
        Dellの仮想化
      • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
        えちごや
      • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
        touch
      Recent trackback
      • スマートフォンの法人活用例
        無線LANネットのブログ
      • Yahoo!オークションからのアフィリエイト収入が一気に70%減になってしまい涙目になってる話
        特選情報
      Recommend
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM