perl Mojolicious:4

2015.01.21 Wednesday 23:06
0
    Mojolicious::Guides::Cheatsheet - リファレンス
    概観

    このドキュメントは簡潔で雑多なリファレンスを含んでいます。
    予約されているスタッシュの値

    「mojo.」で始まるすべてに加えて、ルートとレンダラのために予約されているスタッシュの値が少しあります。
    action

    $r->route('/welcome')->to(action => 'hello');

    ディスパッチ先のアクション
    app

    $r->route('/welcome')->to(app => MyApp->new);

    ディスパッチ先の埋め込まれたアプリケーション
    cb

    $r->route('/welcome')->to(cb => sub {...});

    ディスパッチ先のコールバック
    class

    $r->route('/welcome')->to(class => 'Greeting');

    controllerのキャメライズされた別名
    controller

    $r->route('/welcome')->to(controller => 'greetings');

    ディスパッチ先のコントローラ
    data

    $self->render(data => 'raw bytes');

    生のバイト列をレスポンスに返還
    extends

    $self->render(extends => 'template');

    拡張のためのテンプレート
    format

    $self->render(format => 'rss');

    描画のためのフォーマット
    handler

    $self->render(handler => 'ep');

    描画に使われるハンドラ
    inline

    $self->render(inline => '<%= 1 + 1%>');

    描画のためのインラインテンプレート
    json

    $self->render(json => {foo => 23});

    Perlデータ構造をJSONレスポンスに変換
    layout

    $self->render(layout => 'green');

    描画のためのレイアウト
    method

    $r->route('/welcome')->to(method => 'hello');

    actionの別名
    namespace

    $r->route('/welcome')->to(namespace => 'TestApp', method => 'lulz');

    ディスパッチ先の名前空間
    partial

    my $result = $self->render(partial => 1);

    レスポンスに変換する代わりに、描画の結果を返却
    path

    $r->route('/welcome')->to(path => '/test', app => MyApp->new);

    埋め込まれたアプリケーションへのディスパッチで利用されるベースパス
    status

    $self->render(status => 404);

    描画されるレスポンスのためのステータスコード
    template

    $self->render(template => 'bye');

    描画のためのテンプレート
    text

    $self->render(text => 'Hello World!');

    文字をレスポンスに変換
    環境変数

    Mojoliciousの多くの部分を環境変数で変更することができます。デバッグ環境変数は開発者だけが利用するので除外しています。
    MOJO_APP

    どのMojoliciousあるいはMojoアプリケーションが使われるかを決定する。MyAppのようなクラス名をいつも含んでいるべきです。デフォルトでMojo::HelloWorldになっています。

    MOJO_APP=MyApp

    MOJO_CA_FILE

    TLSのCAオーソリティファイルへのパス。いつでも「/etc/tls/cacerts.pem」のようなパスを含んでいるべきです。TLSサポートのためにはIO::Socket::SSLがインストールされている必要があります。

    MOJO_CA_FILE=/etc/tls/cacerts.pem

    MOJO_CERT_FILE

    TLS認証へのパス。いつでも/etc/tls/client.crtのようなパスを含んでいるべきです。 TLSサポートのためにはIO::Socket::SSLがインストールされている必要があることに注意してください。

    MOJO_CERT_FILE=/etc/tls/client.crt

    MOJO_CHUNK_SIZE

    IO処理のためのチャンクのバイトサイズ。大きなチャンクサイズを指定すれば、IO処理は多くのメモリを消費します。デフォルトは131072です。

    MOJO_CHUNK_SIZE=1024

    MOJO_CONFIG

    Mojolicious::Plugin::ConfigとMojolicious::Plugin::JsonConfigで利用されるコンフィグファイル。 試験でとても便利です。

    MOJO_CONFIG=myapp.conf

    MOJO_HOME

    Mojoliciousアプリケーションのためのホームディレクトリ。いつでも「/home/sri/myapp」のようなパスを含んでいるべきです。

    MOJO_HOME=/home/sri/myapp

    MOJO_IOWATCHER

    代わりに試そうとするMojo::IOWatcherの実装

    MOJO_IOWATCHER=Mojo::IOWatcher::EV

    MOJO_KEY_FILE

    TLSキーへのパス。いつでも/etc/tls/client.keyのようなパスを含んできるべきです。 TLSのサポートにはIO::Socket::SSLがインストールされていなければならないことに注意してください。

    MOJO_KEY_FILE=/etc/tls/client.key

    MOJO_LOG_LEVEL

    Mojoliciousアプリケーションのためのログレベル。debugやerrorのような適切なログレベルを含んでいるべきです。

    MOJO_LOG_LEVEL=debug
    MOJO_LOG_LEVEL=error

    MOJO_MAX_LEFTOVER_SIZE

    パイプライン化されたHTTPリクエストのための、バッファの最大バイトサイズ。 デフォルトは262144です。

    MOJO_MAX_LEFTOVER_SIZE=2048

    MOJO_MAX_LINE_SIZE

    HTTPメッセージのスタートラインとヘッダの最大のバイトサイズ。デフォルト10240です。

    MOJO_MAX_LINE_SIZE=2048

    MOJO_MAX_MEMORY_SIZE

    メモリに維持できるHTTPコンテントの最大バイトサイズ。この値より大きなコンテントは一時ファイルに書き込まれます。デフォルトで262144です。

    MOJO_MAX_MEMORY_SIZE=2048

    MOJO_MAX_MESSAGE_SIZE

    HTTPメッセージの最大バイトサイズ。デフォルトで5242880です。

    MOJO_MAX_MESSAGE_SIZE=1024

    MOJO_MAX_REDIRECTS

    Mojo::Clientが続けるリダイレクトの最大数。デフォルトは0。

    MOJO_MAX_REDIRECTS=3

    MOJO_MAX_WEBSOCKET_SIZE

    WebSocketメッセージの最大バイトサイズ。デフォルトは262144です。

    MOJO_MAX_WEBSOCKET_SIZE=1024

    MOJO_MODE

    Mojoliciousアプリケーションのランモード。developmentやproductionのような適切なモードを含んでいるべきです。

    MOJO_MODE=development
    MOJO_MODE=production

    MOJO_NO_BONJOUR

    Bonjourサポートを無効にします。BonjourサポートのためにはNet::Rendezvous::Publish がインストールされていなければなりません。

    MOJO_NO_BONJOUR=1

    MOJO_NO_DETECT

    Mojoliciousのデプロイメントのときの環境の検知を向こうにします。

    MOJO_NO_DETECT=1

    MOJO_NO_IPV6

    IPv6のサポートを無効にします。これにより、わずかに良いパフォーマンスと省メモリをもたらすかもしれません。IPv6のサポートにはIO::Socket::IPがインストールされていなければならないことに注意してください。

    MOJO_NO_IPV6=1

    MOJO_NO_TLS

    TLSのサポートを無効にします。これにより、わずかに良いパフォーマンスと省メモリをもたらすかもしれません。TLSのサポートにはIO::Socket::SSLがインストールされていなければならないことに注意してください。

    MOJO_NO_TLS=1

    MOJO_PROXY

    Mojo::Clientにおける自動的なHTTPとHTTPSのプロキシ検知を有効にします。セキュリティの理由のためにデフォルトでは無効になっています。

    MOJO_PROXY=1

    MOJO_REVERSE_PROXY

    Mojoliciousアプリケーションのためにリバースプロキシのサポートを有効にします。 これはMojoliciousが自動的にX-Forwarded-For, X-Forwarded-Host, X-Forwarded-HTTPSを検出することを可能にします。

    MOJO_REVERSE_PROXY=1

    MOJO_TMPDIR

    大きなアップロードのための一時ファイルのためのディレクトリ。デフォルトではランダムなプラットフォーム固有の一時ディレクトリが使用されます。

    MOJO_TMPDIR=/tmp/mojo
    category:perl | by:ittoocomments(0)trackbacks(0) | -

    スポンサーサイト

    2019.09.17 Tuesday 23:06
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment








         
      Trackback
      この記事のトラックバックURL

      ad
      Calender
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      Selected entry
      PR
      Category
      Archives
      Recent comment
      • パス指定 SyntaxError: (unicode error) 'unicodeescape' codec can't decode bytes in position 2-4: truncated ¥xXX escape
        久米隆文
      • 円マークが自動変換されてる
        aaaaaa
      • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
        66hills
      • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
        ssd
      • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
        max
      • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
        DOM
      • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
        DOM
      • コンピュータ業界の根本的な変化
        cloud
      • コンピュータ業界の根本的な変化
        Dellの仮想化
      • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
        えちごや
      Recent trackback
      • スマートフォンの法人活用例
        無線LANネットのブログ
      • Yahoo!オークションからのアフィリエイト収入が一気に70%減になってしまい涙目になってる話
        特選情報
      Recommend
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM