docker build 中にエラー registry-1.docker.io/v2/: remote error: tls: handshake failure

2020.01.13 Monday 21:41
0
    dockerfile作成してbuild中にエラー発生

    >docker build -t pytest .
    Sending build context to Docker daemon 3.072kB
    Step 1/9 : FROM python:3.6
    Get https://registry-1.docker.io/v2/: remote error: tls: handshake failure

    原因は単に、無線LANがきれてたようだ。
    再度つなげたらうまくいったよ
    category:docker | by:ittoocomments(0) | - | -

    dockerでこのエラーでた ERROR: Couldn't connect to Docker daemon at http+docker://localhost - is it running? If it's at a non-standard location, specify the URL with the DOCKER_HOST environment variable.

    2019.12.17 Tuesday 00:38
    0
      単純にdockerデーモンが起動してない状況でした

      # /usr/local/bin/docker-compose build
      ERROR: Couldn't connect to Docker daemon at http+docker://localhost - is it running?

      If it's at a non-standard location, specify the URL with the DOCKER_HOST environment variable.
      #

      # service docker start
      Redirecting to /bin/systemctl start docker.service
      #
      category:docker | by:ittoocomments(0)trackbacks(0) | -

      docker使おうとしたらCannot connect to the Docker daemon at unix:///var/run/docker.sock. Is the docker daemon running?って怒られたので起動したった

      2019.12.10 Tuesday 21:07
      0
        dockerを起動する

        # docker ps -a
        Cannot connect to the Docker daemon at unix:///var/run/docker.sock. Is the docker daemon running?
        #

        あれ、起動してなかったわい

        # systemctl start docker


        # docker ps -a
        CONTAINER ID IMAGE COMMAND CREATED STATUS PORTS NAMES
        category:docker | by:ittoocomments(0)trackbacks(0) | -

        dockerコマンド一覧2

        2018.06.23 Saturday 14:33
        0
          dockerコマンド一覧2

          ■■ 1. docker pull

          ■ 1.1 イメージを引っ張ってくる
          $ docker pull ubuntu
          $ docker pull centos

          ■ 1.2 タグを使ってイメージのバージョンを指定する
          $ docker pull ubuntu:12.04

          --------------------------------------------------------------------------------------------------

          ■■ 2. docker build

          ■2.1 キャッシュを無効にする

          ビルド時にキャッシュを無効にしたい場合は --no-cache を true にする。デフォルトでは false
          $ docker build --no-cache=true


          --------------------------------------------------------------------------------------------------

          ■■ 3. docker run

          ■ 3.1 ホスト名を付けて起動する
          -h で指定する
          spam というホスト名を付けてた場合
          $ docker run -h spam -i -t ubuntu /bin/bash

          ■ 3.2コンテナ名を付けて起動する
          --name でコンテナに名前を付けられる
          spam という名前を付けてみた
          $ docker run --name spam -i -t ubuntu /bin/bash

          ■ 3.3 起動して開きっぱなし
          -i を付けると起動時に STDOUT を開きっぱなしにしてくれる
          $ docker run -i -t ubuntu /bin/bash


          ■ 3.4 イメージのタグを指定して実行する
          $ docker run ubuntu:13.10 /bin/echo hello world



          ■ 3.5 起動して終了するとコンテナ破棄する
          docker run をするとき --rm を付ける。これを付けると docker を終了させると同時に docker コンテナを削除してくれる。
          $ docker run --rm -t -i ubuntu /bin/bash


          ■ 3.6 コンテナ起動時に CPU 相対的使用率を指定する
          CPU 使用率を決めたい場合。
          $ docker run -c 200 -i -t ubuntu /bin/bash


          ■ 3.7 コンテナ起動時にメモリを指定する
          -m を使う事でメモリ容量を指定できる。単位は b,k,m,g です。上記例では 512メガバイトを割り当てている。
          $ docker run -m 512m -i -t ubuntu /bin/bash


          ■ 3.8 コンテナバックグラウンド起動

          -d を使う事でバックグラウンドで起動できる。
          $ docker run -i -t -d ubuntu /bin/bash


          ■ 3.9 ホストディレクトリをコンテナにマウントする

          -v コマンドと : を使います。絶対パスが必要なので要注意です
          $ docker run -v /home/spam/test:/root/test
          $ docker run -v `pwd`/test:/root/test


          ■ 3.10 データボリュームでコンテナ間でデータを共有する

          -v を使うとデータボリュームをコンテナに作成できる。
          これで両方のコンテナで /tmp が共有される。
          $ docker run --name tmp -v /tmp -i -t ubuntu /bin/bash
          $ docker run --volumes-from tmp -i -t ubuntu /bin/bash



          ■ 3.11 データボリュームの読み込みをリードオンリーにする

          --volumes-from で指定コンテナに ro を付けることでリードオンリーとなる。
          $ docker run --volumes-from tmp:ro -i -t ubuntu /bin/bash


          --------------------------------------------------------------------------------------------------

          ■■ 4. docker start

          コンテナを起動してログイン
          -a を付けると attach します。
          $ docker start -a


          --------------------------------------------------------------------------------------------------

          ■■ 5. docker attach

          起動中のコンテナにログイン
          $ docker attach


          --------------------------------------------------------------------------------------------------

          ■■ 6. docker ps

          ■ 6.1 直近で起動したコンテナの ID を取得する
          このコマンドを dl とかに設定しておくと良いみたい
          $ docker ps -l -q

          ■ 6.2 コンテナ一覧
          -a を付けないと起動しているコンテナだけになる
          $ docker ps -a

          ■ 6.3 古いコンテナを一気に削除する
          $ docker ps -a | grep 'weeks ago' | awk '{print $1}' | xargs docker rm


          --------------------------------------------------------------------------------------------------

          ■■ 7. docker rm

          ■ 7.1 停止中のコンテナを一気に削除する
          $ docker rm `docker ps -aq`

          ■ 7.1 コンテナをすべて強制的に削除する
          $ docker rm -f `docker ps -aq`

          --------------------------------------------------------------------------------------------------

          ■■ 8. docker images

          ■ 8.1 イメージの一覧を表示する
          $ docker images

          --------------------------------------------------------------------------------------------------

          ■■ 9. docker rmi

          ■ 9.1 イメージの削除
          $ docker rmi
          category:docker | by:ittoocomments(0)trackbacks(0) | -

          dockerコマンド一覧

          2018.06.23 Saturday 14:24
          0


            dockerコマンド一覧
























            $ docker pull ubuntu
            $ docker pull centos
            ■■ 1. docker pull
            ■ 1.1 イメージを引っ張ってくる
            $ docker pull ubuntu:12.04
            ■ 1.2 タグを使ってイメージのバージョンを指定する
            $ docker build --no-cache=true
            ■■ 2. docker build
            ■2.1 キャッシュを無効にする
            $ docker run -h spam -i -t ubuntu /bin/bash
            ■■ 3. docker run
            ■ 3.1 ホスト名を付けて起動する
            $ docker run --name spam -i -t ubuntu /bin/bash
            ■ 3.2コンテナ名を付けて起動する
            $ docker run -i -t ubuntu /bin/bash
            ■ 3.3 起動して開きっぱなし
            $ docker run ubuntu:13.10 /bin/echo hello world
            ■ 3.4 イメージのタグを指定して実行する
            $ docker run --rm -t -i ubuntu /bin/bash
            ■ 3.5 起動して終了するとコンテナ破棄する
            $ docker run -c 200 -i -t ubuntu /bin/bash
            ■ 3.6 コンテナ起動時に CPU 相対的使用率を指定する
            $ docker run -m 512m -i -t ubuntu /bin/bash
            ■ 3.7 コンテナ起動時にメモリを指定する
            $ docker run -i -t -d ubuntu /bin/bash
            ■ 3.8 コンテナバックグラウンド起動
            $ docker run -v /home/spam/test:/root/test
            $ docker run -v `pwd`/test:/root/test
            ■ 3.9 ホストディレクトリをコンテナにマウントする
            $ docker run --name tmp -v /tmp -i -t ubuntu /bin/bash
            $ docker run --volumes-from tmp -i -t ubuntu /bin/bash
            ■ 3.10 データボリュームでコンテナ間でデータを共有する
            $ docker run --volumes-from tmp:ro -i -t ubuntu /bin/bash
            ■ 3.11 データボリュームの読み込みをリードオンリーにする
            $ docker start -a
            ■■ 4. docker start
            コンテナを起動してログイン
            $ docker attach
            ■■ 5. docker attach
            起動中のコンテナにログイン
            $ docker ps -l -q
            ■■ 6. docker ps
            ■ 6.1 直近で起動したコンテナの ID を取得する
            $ docker ps -a
            ■ 6.2 コンテナ一覧
            $ docker ps -a | grep 'weeks ago' | awk '{print $1}' | xargs docker rm
            ■ 6.3 古いコンテナを一気に削除する
            $ docker rm `docker ps -aq`
            ■■ 7. docker rm
            ■ 7.1 停止中のコンテナを一気に削除する
            $ docker rm -f `docker ps -aq`
            ■ 7.1 コンテナをすべて強制的に削除する
            $ docker images
            ■■ 8. docker images
            ■ 8.1 イメージの一覧を表示する
            $ docker rmi
            ■■ 9. docker rmi
            ■ 9.1 イメージの削除


            category:docker | by:ittoocomments(0)trackbacks(0) | -

            ad
            Calender
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << January 2020 >>
            Selected entry
            PR
            Category
            Archives
            Recent comment
            • パス指定 SyntaxError: (unicode error) 'unicodeescape' codec can't decode bytes in position 2-4: truncated ¥xXX escape
              久米隆文
            • 円マークが自動変換されてる
              aaaaaa
            • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
              66hills
            • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
              ssd
            • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
              max
            • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
              DOM
            • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
              DOM
            • コンピュータ業界の根本的な変化
              cloud
            • コンピュータ業界の根本的な変化
              Dellの仮想化
            • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
              えちごや
            Recent trackback
            • スマートフォンの法人活用例
              無線LANネットのブログ
            • Yahoo!オークションからのアフィリエイト収入が一気に70%減になってしまい涙目になってる話
              特選情報
            Recommend
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM