laravelでコマンドラインバッチ作成

2018.09.26 Wednesday 23:32
0
    そのために勉強

    http://www.sigesaba.com/2015/03/laravel-5-cli-app.php
    https://laravel10.wordpress.com/2015/05/13/%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3/
    https://sukohi.blogspot.com/2016/04/laravel-cusrom-command.html
    category:Laravel | by:ittoocomments(0)trackbacks(0) | -

    laravel Debugbarの設定

    2018.09.15 Saturday 23:29
    0
      .envファイル APP_DEBUGの値(true/false)で設定

      APP_DEBUG=false # true or false : laravel Debugbarの設定を変更する

      デバッグバーを画面に表示するかどうか

      ロギング
      デバッグメッセージ表示

      ¥Debugbar::emergency('emergency');
      ¥Debugbar::alert('alert');
      ¥Debugbar::critical('critical');
      ¥Debugbar::error('error');
      ¥Debugbar::warning('warning');
      ¥Debugbar::notice('notice');
      ¥Debugbar::info('info');
      ¥Debugbar::debug('debug');
      ¥Debugbar::log('log');
      category:Laravel | by:ittoocomments(0)trackbacks(0) | -

      windowsでlaravelにmongodbをいれようとして指定されたモジュールが見つかりません。と言われまくる

      2018.09.13 Thursday 23:48
      0
        windowsでlaravelにmongodbをいれようとして指定されたモジュールが見つかりません。と言われまくる

        php.iniに
        extension=php_mongodb.dll
        をいれて
        以下を実行
        composer require "jenssegers/mongodb"


        すると以下のエラーでる
        Installation failed, reverting ./composer.json to its original content.

        C:¥xampp¥php¥ext¥php_php_mongo.dll.dll (指定されたモジュールが見つかりません。)) in Unknown on line 0

        apacheも起動ちゃんとしてるんだけどね。
        原因は正確なdllファイルをダウンロードしてなかったこと。
        ダウンロード元はここ
        https://pecl.php.net/package/mongodb/1.5.2/windows

        正しいファイルをダウンロードして、再度 composer require "jenssegers/mongodb" するとうまくいったよ
        category:Laravel | by:ittoocomments(0)trackbacks(0) | -

        lalala

        2016.11.13 Sunday 21:17
        0
          スクロールするかな

          ・repositoryでパラメータなかったらシステムエラーにするかな
          ・owlでテスト参考
          ・logo表示確認 → サイドバー固定やめようかね
          ・お知らせ確認
          ・modelをまとめる
          ・inputとreqの統一
          ・mock
          ・laravel ログ IPアドレス 端末
          Request::ip()



          ・コントローラーではやっぱり コンストラクタでつくった $this-> をつかおう
          blog.comnect.net/blog/131

          ルーティング
          prefixやドメイン名でグルーピングできたり、ルーティングでMiddlewareを足したりできるのでかなり優秀。
          LaravelCollectiveを使えばannotationで指定もできる。自分は使っていない。
          Middlewareというのはいわゆるフィルタ的な、共通の事前処理のようなもの。認証チェックとか
          ビューの共通変数を当てたりするのに使うことが多い。

          http://qiita.com/wrbss/items/6b8c80892299dc2ba5f2

          VIEWで ENV{'HOME_URL'}つかってるがどうやって設定してるんだっけ?
          http://qiita.com/wrbss/items/6b8c80892299dc2ba5f2

          ・view共通変数
          コンストラクタで以下のように書くと blog.index、blog.show、blog.editのviewへ渡せると思います。
          public function __construct() {
          View::share('categories', 'カテゴリ');
          }

          たとえば特定の一連のURIにおいて同じビュー変数を設定したいときなどはView::share()を使う。
          View::share("name", "foobar");
          指定する場所としては、App::beforeとか、特定のフィルタなんかが考えられる。同じ処理を何度も書きたくないとか、フィルタで一度引っ張ったデータをコントローラで再度引っ張ってて無駄っぽいと感じた時などに使うと幸せになれるかもしれない。
          App::before(function($request)
          {
          View::share('something', Something::find(1));
          });


          http://syossan.hateblo.jp/entry/2014/05/26/104254
          こうやってるかの確認
          DB::transactionを使うとエラーになった場合自動でロールバックまで行ってくれるので便利ですねー!
          なので、LaravelでDB処理を書く際は以下のように書くのが良いみたいです。
          $table = Table::find(1);
          DB::transaction(function() use($table) {
          // InsertとかupdateとかのDB処理
          $table->save();
          });

          repositoryにエラー処理書いてないのが多いね

          こんな感じの画面を作るので以下のメソッドを用意することにします。

          index => 一覧画面表示処理
          create => 新規作成画面表示処理
          store => 新規作成処理
          edit => 更新画面表示処理
          update => 更新処理
          delete => 削除処理
          check => TODOをチェックする処理



          model
          app/Todo.php


          <?php namespace App;

          use Illuminate¥Database¥Eloquent¥Model;

          class Todo extends Model {

          protected $table = 'todos';

          protected $fillable = ['title', 'limit', 'done', 'user_id'];

          protected $dates = ['limit'];

          public function user()
          {
          return $this->belongsTo('App¥User');
          }
          }

          ルートパラメータが必須でない場合、後ろに?をつけます。
          routes.php
          Route::get('item/{id?}', function ($id = null) {
          return '商品ID: ' . $id;
          });


          idはvalue等ではなくurlに含んで送る(POSTの場合も)。
          削除(destroy)は、リンク(GET)ではなくPOSTで処理する。idはurlで送る。
          削除ボタンにbtn-destroyというクラスを追加。

          リクエスト参考かな
          http://qiita.com/zaburo/items/9fefa3f6834b2e79b734

          書き方さんこうに コメントとか
          https://github.com/bestmomo/laravel5-example/blob/master/app/Repositories/UserRepository.php




          owl
          request ではなく input で統一したほうがいいのかな?





          ツインバード サイクロンスティック型クリーナー スケルトンブラック TC-E123SBK
          ツインバード工業(TWINBIRD) (2012-09-14)売り上げランキング: 30



          category:Laravel | by:ittoocomments(0)trackbacks(0) | -

          laravel middlewareで共通処理

          2016.11.13 Sunday 13:56
          0
            やること

            Middlewareを作成する
            作成したMiddlewareをKernelに追加する
            Middlewareを作成する

            今回はすべてのviewで使っているデータを渡すミドルウェアを作ってみる。

            $ php artisan make:middleware Views
            1
            $ php artisan make:middleware Views
            app/Http/MiddlewareにViews.phpが作成される。

            デフォルトがこれ。


            <?php

            namespace App¥Http¥Middleware;

            use Closure;

            class Views
            {
            /**
            * Handle an incoming request.
            *
            * @param ¥Illuminate¥Http¥Request $request
            * @param ¥Closure $next
            * @return mixed
            */
            public function handle($request, Closure $next)
            {
            return $next($request);
            }
            }

            <?php

            namespace App¥Http¥Middleware;

            use Closure;

            class Views
            {
            /**
            * Handle an incoming request.
            *
            * @param ¥Illuminate¥Http¥Request $request
            * @param ¥Closure $next
            * @return mixed
            */
            public function handle($request, Closure $next)
            {
            return $next($request);
            }
            }
            handle()にいろいろ追記していく。

            View::share()を使って、とりあえずログインユーザ名を渡してみる。


            <?php

            namespace App¥Http¥Middleware;

            use Closure;

            class Views
            {
            /**
            * Handle an incoming request.
            *
            * @param ¥Illuminate¥Http¥Request $request
            * @param ¥Closure $next
            * @return mixed
            */
            public function handle($request, Closure $next)
            {
            //ユーザ名をviewに渡す
            ¥View::share('username', ¥Auth::user()->name);

            return $next($request);
            }
            }

            <?php

            namespace App¥Http¥Middleware;

            use Closure;

            class Views
            {
            /**
            * Handle an incoming request.
            *
            * @param ¥Illuminate¥Http¥Request $request
            * @param ¥Closure $next
            * @return mixed
            */
            public function handle($request, Closure $next)
            {
            //ユーザ名をviewに渡す
            ¥View::share('username', ¥Auth::user()->name);

            return $next($request);
            }
            }
            ミドルウェアはこれでOK.

            MiddlewareをKernelに追加する

            ミドルウェアを作っただけでは呼べないので Kernel.php の $routeMiddleware に追記して呼び出せるようにする。

            app/Http/Kernel.php


            /**
            * アプリケーションのルートミドルウェアスタック
            *
            * These middleware may be assigned to groups or used individually.
            *
            * @var array
            */
            protected $routeMiddleware = [
            'auth' => ¥App¥Http¥Middleware¥Authenticate::class,
            'auth.basic' => ¥Illuminate¥Auth¥Middleware¥AuthenticateWithBasicAuth::class,
            'guest' => ¥App¥Http¥Middleware¥RedirectIfAuthenticated::class,
            'throttle' => ¥Illuminate¥Routing¥Middleware¥ThrottleRequests::class,

            /**
            * カスタム
            */

            //共通のview変数
            'views' => ¥App¥Http¥Middleware¥Views::class, // <- new
            ];

            /**
            * アプリケーションのルートミドルウェアスタック
            *
            * These middleware may be assigned to groups or used individually.
            *
            * @var array
            */
            protected $routeMiddleware = [
            'auth' => ¥App¥Http¥Middleware¥Authenticate::class,
            'auth.basic' => ¥Illuminate¥Auth¥Middleware¥AuthenticateWithBasicAuth::class,
            'guest' => ¥App¥Http¥Middleware¥RedirectIfAuthenticated::class,
            'throttle' => ¥Illuminate¥Routing¥Middleware¥ThrottleRequests::class,

            /**
            * カスタム
            */

            //共通のview変数
            'views' => ¥App¥Http¥Middleware¥Views::class, // <- new
            ];
            コントローラからミドルウェアを呼び出す

            ベースコントローラにて middleware(‘views’) を追加する。


            <?php

            namespace App¥Http¥Controllers;

            use Illuminate¥Foundation¥Bus¥DispatchesJobs;
            use Illuminate¥Routing¥Controller as BaseController;
            use Illuminate¥Foundation¥Validation¥ValidatesRequests;
            use Illuminate¥Foundation¥Auth¥Access¥AuthorizesRequests;

            class Controller extends BaseController
            {
            use AuthorizesRequests, DispatchesJobs, ValidatesRequests;

            public function __construct()
            {
            $this->middleware('auth');

            $this->middleware('views'); //<- new
            }
            }

            <?php

            namespace App¥Http¥Controllers;

            use Illuminate¥Foundation¥Bus¥DispatchesJobs;
            use Illuminate¥Routing¥Controller as BaseController;
            use Illuminate¥Foundation¥Validation¥ValidatesRequests;
            use Illuminate¥Foundation¥Auth¥Access¥AuthorizesRequests;

            class Controller extends BaseController
            {
            use AuthorizesRequests, DispatchesJobs, ValidatesRequests;

            public function __construct()
            {
            $this->middleware('auth');

            $this->middleware('views'); //<- new
            }
            }
            これでviewの中で {{$username}} が使える。



            ただ、

            この例だとユーザ名しか渡してないし、viewで {{¥Auth::user()->name}} とすれば解決するのであんまり恩恵がない…

            動的に変更する必要がある共通項目とかなら真価を発揮できる。

            パッと思いつくのはAPIコント


            http://tk2-207-13211.vs.sakura.ne.jp/2016/04/815/


            テスト
            削除OK
            削除NG
            存在チェックng
            存在チェックok
            UNIQOK
            他リンクOK
            search
            ソースみて各パターンをテストする
            grep input blade.common
            grep radio blade.common
            grep select blade.common
            Event_Controller_test.php


            // create
            // init
            // update
            // edit
            // destory
            category:Laravel | by:ittoocomments(0)trackbacks(0) | -

            ad
            Calender
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << October 2018 >>
            Selected entry
            PR
            Category
            Archives
            Recent comment
            • 円マークが自動変換されてる
              aaaaaa
            • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
              66hills
            • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
              ssd
            • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
              max
            • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
              DOM
            • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
              DOM
            • コンピュータ業界の根本的な変化
              cloud
            • コンピュータ業界の根本的な変化
              Dellの仮想化
            • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
              えちごや
            • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
              touch
            Recent trackback
            • スマートフォンの法人活用例
              無線LANネットのブログ
            • Yahoo!オークションからのアフィリエイト収入が一気に70%減になってしまい涙目になってる話
              特選情報
            Recommend
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM