csh alias

2016.01.18 Monday 23:46
0
    #----------------------------------
    # 環境設定
    stty erase ^h

    #-----------------------------------------------------------
    # コマンド alias

    alias cp 'cp -i'
    alias df 'df -k'
    alias mv 'mv -i'
    alias rm 'rm -i'
    alias ls 'ls -F'
    alias h history
    alias his 'history | tail'
    alias c clear
    alias cdl 'cd `ls -atrF | fgrep "/" | egrep "[A-Z]|[a-z]|[0-9]" | tail -1`'
    alias cd1 "cdl"
    alias cd2 'cd `ls -atrF | fgrep "/" | egrep "[A-Z]|[a-z]|[0-9]" | tail -2 | head -1`'
    alias cd3 'cd `ls -atrF | fgrep "/" | egrep "[A-Z]|[a-z]|[0-9]" | tail -3 | head -1`'
    alias d "date"
    alias da "date"
    alias dat "date"
    alias dwp "pwd"
    alias pw "pwd"
    alias wd "pwd"
    alias exut "exit"
    alias exot "exit"
    alias eixt "exit"
    alias ee "echo "
    alias findtoday 'find ./ -mtime 0 -print -ls | egrep -v "^¥." | sort -k 9,10 '
    alias findall 'find ./ -print | xargs grep '
    alias iv "vi"
    alias ks "ls"
    alias l "ls -apltrF"
    alias k "ls -apltrF"
    alias ll "ls -apltrF"
    alias ls "ls -apF"
    alias "ls -l" "ls -alpF"
    alias mroe "more"
    alias owd "pwd"
    alias p "pwd"
    alias s "ls"
    alias sl "ls"
    alias sp "ps"
    alias v "vim"
    alias ci "vi"
    alias veiw "view"
    alias wpd "pwd"
    alias powd "pwd"
    alias taillog "tail -200f /var/log/messages"
    alias iconv2 "iconv -f Shift_JIS -t UTF-8 "
    alias iconv3 "iconv -f UTF-8 -t Shift_JIS < index.php > index_s.php "

    #---------------------------------------------------
    # 場所
    alias cdu "cd ../" # cd up direcrory
    alias cdcd "cd ../"
    alias cdcdcd "cd ../../"
    alias cdcdcdcd "cd ../../../"
    alias cdcdcdcdcd "cd ../../../../"
    alias cdcdcdcdcdcd "cd ../../../../../"
    alias cdcdcdcdcdcdcd "cd ../../../../../../"
    alias cdwww "cd /var/www/html"
    alias cdsql "cd /home/sql"
    alias cdlog "cd /var/log"
    category:サーバー | by:ittoocomments(0)trackbacks(0) | -

    centOSで使用する容量チェックコマンド df -hl

    2015.07.19 Sunday 04:40
    0
      dfオプション 容量確認にいいね
      centOSで使用する容量チェックコマンド df -hl

      [xxxxx@xxxxx ~]$ df -hlP
      Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
      /dev/hda2 18G 12G 5.2G 69% /
      /dev/hda1 99M 17M 77M 18% /boot
      tmpfs 1014M 0 1014M 0% /dev/shm

      オプション説明
      "-h, --human-readable"
      それぞれのサイズに、 例えばメガバイトなら M のようなサイズ文字を付加する。 10 の累乗ではなく 2 の累乗を用いるので、 M は 1,048,576 バイトを表す。

      -l, --local
      ローカルファイルシステムのみをリスト表示する。

      "-P, --portability"
      POSIX 出力形式を用いる。 これはデフォルトの表示形式に似ているが、 以下の a), b), c) の点が異なる。 a) ファイルシステムについての情報が常に 1 行で表示される。 このオプションを付けると マウントデバイス名だけが単独で 1 行に表示されることはない。 すなわちマウントデバイス名が 20 文字以上の場合 (例えばネットワークマウントなど) コラムの整列が崩れることになる。 b) 丸めが繰上げになる。 c) コラムのヘッダが POSIX に準拠している。
      category:サーバー | by:ittoocomments(0)trackbacks(0) | -

      CentOS7になって、systemctl、firewalldコマンドにいろいろ変更になったのでめも

      2015.07.19 Sunday 03:31
      0
        ・CentOS6.xと7の主な変更点
        「service」コマンドと「chkconfig」コマンドが、「systemctl」コマンドに統合
        「iptables」が「firewalld」に変更
        「ntpd」が「chronyd」に変更
        「ifconfig」が「ip」コマンドに変更



        Apachのインストール

        「service」コマンドは「systemctl」コマンドに変わったので、以下になります。
        # yum –y install httpd //インストール
        # systemctl start httpd //Apache起動
        # systemctl enable httpd //Apacheの自動起動設定
        # systemctl list-unit-files | grep httpd //自動起動設定を確認
        # systemctl restart httpd //再起動
        # systemctl status httpd //ステータス確認



        chkconfig -listの代わりに
        以下のコマンドで、自動起動設定を一覧で確認出来ます。
        # systemctl list-unit-files -t service //自動起動の一覧表示する



        firewall(iptables)の設定
        iptablesもfirewallに変わったので、設定の方法が異なります。
        # systemctl status firewalld //firewallの稼働状況確認
        # firewall-cmd --zone=public --add-port=80/tcp --permanent //80番ポート確認
        # firewall-cmd --add-service=http --zone=public --permanent //httpを許可
        # firewall-cmd --add-service=https --zone=public --permanent //httpsを許可
        # firewall-cmd --reload //リロード
        # firewall-cmd --list-services --zone=public //設定を確認
        dhcpv6-client http https ssh //こう表示されればOK


        Fedora15 から一部のサービス、CentOS7 より systemd services で管理される様になりました。 この事により今まで久し馴染んできたコマンド(service xxx start や chkconfig xxx on)では実行や停止、自動起動の設定などができないサービスがあります。(例えば dhcpd サービスなど)
        これらのスクリプトは /lib/systemd/system 配下に存在し、systemd services のコマンド systemctl で制御する様になっています。


        service, chkconfigコマンドはsystemctlコマンドへ
        service, chkconfigコマンドは推奨されずsystemctlコマンドへ切り替わった。

        試しにchkconfigコマンドを利用すると…
        # chkconfig --list

        # systemctl list-unit-files
        例)systemctl list-unit-files | grep http

        また、サービスの起動・停止・状態確認などは
        # service
         ↓
        # systemctl

        そして、サービスの起動オプションの設定は
        # chkconfig

        # systemctl
        例)# systemctl enable httpd とかね


        本記事ではRHEL6からRHEL7で変更された主要コマンドがまとめられております。
        RHEL6→RHEL7で変更された主要コマンドをまとめてみました。

        サービス系コマンド

        RHEL 7では、サービス起動デーモンとして、SysVinit/Upstartに代わり、systemdが導入されました。これにより、サービス系コマンドが大幅に変更されています。

        サービス系コマンドの一覧は下記のとおりです。

        ■サービス逐次起動系

        処理内容 RHEL 6 RHEL 7
        状態の表示(サービス単位) /sbin/service
        [1]service_name status
        /usr/bin/systemctl status unit_name
        状態の表示(全サービス) /sbin/service --status-all /usr/bin/systemctl list-units
        [2]--type service
        起動 /sbin/service service_name start /usr/bin/systemctl start unit_name
        終了 /sbin/service service_name stop /usr/bin/systemctl stop unit_name
        強制終了 kill -9 PID /usr/bin/systemctl kill -s 9 unit_name
        再起動 /sbin/service service_name restart /usr/bin/systemctl restart unit_name
        設定反映 /sbin/service service_name reload /usr/bin/systemctl reload unit_name
        [1]/etc/init.d/service_nameでも同様

        [2]list-unitsは省略可

        ■サービス自動起動系

        処理内容 RHEL 6 RHEL 7
        (全サービス)定義の表示 ls /etc/init.d/ /usr/bin/systemctl list-unit-files --type service
        (サービス単位の)定義の登録 /sbin/chkconfig --add service_name /usr/bin/systemctl daemon-reload
        [3]
        自動起動の確認 /sbin/chkconfig --list service_name /usr/bin/systemctl is-enabled unit_name
        自動起動の有効化 /sbin/chkconfig service_name on /usr/bin/systemctl enable unit_name
        自動起動の無効化 /sbin/chkconfig service_name off /usr/bin/systemctl disable unit_name

        category:サーバー | by:ittoocomments(0)trackbacks(0) | -

        idcfクラウド使ってサイトリリース時にした設定

        2014.11.06 Thursday 21:58
        0
          idcfクラウド使ってサイトリリース時にした設定
          これまで使用してた他の会社のサーバー設定では動かなかったので
          対応した箇所3つ。

          ・1 apacheの起動と停止。apachectlではなく、以下を使う
          /usr/sbin/httpd -k stop
          /usr/sbin/httpd -k start

          ・これまでのやつだと以下のエラーがでる。
          apachectl -k stop
          Passing arguments to httpd using apachectl is no longer supported.
          You can only start/stop/restart httpd using this script.
          If you want to pass extra arguments to httpd, edit the
          /etc/sysconfig/httpd config file.
          httpd (no pid file) not running


          ・2 VirtualHostの箇所を読んでくれないことの対応
          /etc/httpd/conf/httpd.conf ファイルでの VirtualHost の指定を IPアドレス指定はしない
          <VirtualHost xxx.xxx.xxx.xxx:80>
          ではなく
          <VirtualHost *:80>
          とする

          あと 余談だが、
          NameVirtualHost *:80
          NameVirtualHost xxx.xxx.xxx.xxx
          とかの設定はいらない


          ・3 apache2.4なので参照渡しが不可なので、値渡しにする、
          xml.phpでエラー "xml.php"
          エラーメッセージ
          [:error] [pid 45012] [client xxx.xxx.xxx.xxx:] PHP Fatal error: Call-time pass-by-reference has been removed in xml.php on line 63
          Webサーバのエラーログを確認していたところ
          PHP Fatal error: Call-time pass-by-reference has been removed in

          原因
          PHP5.4からCall-time pass-by-reference(関数呼び出しの際に参照渡しを行う)機能が
          なくなったので対処方法は参照渡しを値渡しにした。
          //test(&$a,$b);//これを実行するとエラーになる
          test($a,$b);//エラー回避になる
          【&】を削除した。
          実際はダメなのかもしれないが動くのでこの対応しとく

          対応
          lib/xml.phpの
          &$ を $ に置換したよ

          category:サーバー | by:ittoocomments(0)trackbacks(0) | -

          IDCFクラウドに申し込んで、sshでサーバーログインするまでの手順

          2014.10.29 Wednesday 06:51
          0
            ★IDCFクラウドに申し込んで、sshでサーバーログインするまでの手順


            http://www.idcf.jp/cloud/?cl=top_newcloud
            に申し込んだので、そのメモです。


            1 サーバー作成
            仮装マシン作成
            sshを指定で、鍵ファイルコピーしておく
            SSH でアクセスするための鍵ファイルもここで指定。
            鍵ファイルは既にあるものをアップロードするか、ここで新規に作成。
            作成すると、コンソールに作成したサーバーが現れます。起動(Running)状態になるまで少し待つ


            2 登録アカウントにメールが届く。
            本文の中に作成したサーバーの root パスワードが含まれているのでメモしておく


            3 IPアドレスのネットワーク設定
            3.1 ファイアウォールの設定をします。
            外部からのアクセスを受け付けるポート番号だけをここで指定して、プラスボタンで追加。
            SSH(22番ポート)は追加。
            HTTP サーバーにするなら 80 とか、MySQL サーバーを外部に公開するなら 3306 とか、
            必要なポートを全て開けておく

            3.2 ポートフォワードの指定。
            基本的にはファイアウォールで開けたのと同じポートを指定して、
            先程作成した仮想マシンの同じポートに向けます。

            例えばファイアウォールで 22 番ポートを開けておくことで SSH アクセスが可能になり、
            ポートフォワードで 22 番ポートを指定することで指定したサーバーに SSH リクエストが転送される、
            という動きになる(その結果、作成したサーバーに SSH アクセスができるようになる)。

            以下ぐらいは指定する
            https 443
            http 80
            ftp-data 20
            ftp 21
            ssh 80


            4 ローカルPCからの接続
            ipアドレス root を指定。RSAで上で作成したファイルを指定する
            この際パスワード箇所は、空欄にしておくのがポイント!
            teraterm はこれで接続可能

            poderosa は 上と同じことをしても、「Wrong key format」となりログインできない
            対応は、PuTTYgenで秘密鍵を変換すれば利用できるようになる
            http://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/download.html
            PuTTYgen起動
            ⇒Loadをクリックして、id_rsaを選択
            ⇒パスワードを求められるので鍵作成時に入力したパスワードを入力
            ⇒上のメニューにあるConversionsをクリックして、Export ssh.com keyを選択
            ⇒変換した鍵がエクスポートされるので、Poderosaでのログインはこれを使う


            これで、poderosaでsshログイン可能になったよ!
            category:サーバー | by:ittoocomments(0)trackbacks(0) | -

            ad
            Calender
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << October 2019 >>
            Selected entry
            PR
            Category
            Archives
            Recent comment
            • パス指定 SyntaxError: (unicode error) 'unicodeescape' codec can't decode bytes in position 2-4: truncated ¥xXX escape
              久米隆文
            • 円マークが自動変換されてる
              aaaaaa
            • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
              66hills
            • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
              ssd
            • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
              max
            • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
              DOM
            • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
              DOM
            • コンピュータ業界の根本的な変化
              cloud
            • コンピュータ業界の根本的な変化
              Dellの仮想化
            • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
              えちごや
            Recent trackback
            • スマートフォンの法人活用例
              無線LANネットのブログ
            • Yahoo!オークションからのアフィリエイト収入が一気に70%減になってしまい涙目になってる話
              特選情報
            Recommend
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM