オブジェクトストレージとは?

2013.08.09 Friday 14:55
0

    先日申しこんだ、クラウド・エヌのサービス。

    このサービスで「オブジェクトストレージ」というサービスがあって

    オブジェクトストレージとは何ぞや?

    と思ったのでそのメモ。


    説明をみると
    > Object Storage
    > 大容量データの保管や配信、データバックアップなど日々増加するデータも
    > 容量上限を気にせず高信頼に保管できるストレージです。
    > 高い拡張性と高いデータ堅牢性(eleven nine)を備えており、様々なデータ保管用途に適します。

    ということなのだがようわからん。
    他サイトでみたのだが、一般的には以下のようにかいてった。



    ”オブジェクトストレージ”の最適な活用環境は、医療データや
    映画などのコンテンツ、メールデータなど、ひとつひとつのファイルに
    対する更新がほとんどされないデータの保存用途です。
    一方で、データベースのように更新頻度が高いトランザクションデータには不向きと言えます。



    でその”オブジェクトストレージ”の特徴が以下。

    ★オブジェクト
    オブジェクトストレージでは、ファイルベースでもブロックベースでもなく、
    オブジェクトという単位でデータを扱います。このオブジェクトとは即ち、
    実際のデータ部分と後述するカスタム可能なメタデータを示します。
    このオブジェクトに対して個別のIDを設け、フラットなアドレス空間に
    保存されることで移動が容易になり、階層型ファイルシステムが持つ
    複雑さを排除しています。


    ★固定オブジェクト
    オブジェクトの作成や削除、読み出しを行うことはできますが、
    既に保存されたオブジェクトを更新することはできません。
    オブジェクトの更新が必要な場合には、新たなオブジェクトバージョンを作成し、
    保存するという形式で行われます。例えて言うと、
    ひとつのファイルに対して、複数のユーザーが同時にアクセスし更新を
    加えたとしても、それぞれのユーザーが更新したファイルの
    ひとつひとつが新たなバージョンとして保存されます。
    即ち、ファイルベースシステムで直面する排他制御やマルチユーザーアクセスと
    いった考え方自体が存在しません。

    上記に挙げたような特徴からも、”オブジェクトストレージ”が、
    先に述べた『ひとつひとつのファイルに対する更新が
    ほとんどされないデータの保存用途』に向いているということは
    理解頂けると思います。


    というこちらしい。
    オブジェクトストレージ少しわかったかんじ。


    国内最安値のクラウド・エヌに申し込んで、ブラウザで表示確認するまでの流れ
    category:クラウド | by:ittoocomments(0)trackbacks(0) | -

    クラウド・エヌ(cloud-n)でftp設定する

    2013.08.05 Monday 15:10
    0
      クラウド・エヌ(cloud-n)でftp設定する

      前回国内最安値のクラウド・エヌに申し込んで、ブラウザで表示確認するまでの流れのエントリーを
      書いたのだが、あのままではftpがうまくいっていなかったようなので
      以下の作業をしたよ。


      ★1 クラウド・エヌ管理画面において
      ネットワーク > セキュリティ グループ
      の箇所で(受信規則/送信規則ともに)
      TCP 21 21 0.0.0.0/0
      TCP 21001 21003 0.0.0.0/0
      を追加。


      ★2 サーバー上の、
      /etc/vsftpd/vsftpd.conf ファイル内で
      userlist_deny=NO
      pasv_enable=YES
      pasv_promiscuous=YES
      pasv_min_port=21001
      pasv_max_port=21003
      を追加。


      ★3 サーバー上の、
      /etc/vsftpd/user_list ファイル内で
      ユーザ名をを追加。

      以上の設定をおこなった。
      これで他サーバがらの、FTPデータ転送はできるようになった。



      作業ここまで。
      これで、他サーバからのFTPをうけつけるようになったのだが、
      しかし逆に、このクラウドエヌのサーバから他サーバにFTPで
      lsやデータ転送しようとすると、まだうまくいかない。
      接続まではうまくいっているようなので、PASVモードでの
      ポート番号がうまくいってないっぽい。実際にクラウド・エヌ管理画面において 
      セキュリティ グループ送信規則の箇所で、開始ポート-終了ポートの幅を
      10-60000ぐらいに広したのをaddするとFTPできるのだが、やはり
      ポートを開けるのは必要最小限にしたいのでこれはやらない。



      おまけ
      作業中、設定を変更たびに
      /sbin/service vsftpd stop
      /sbin/service vsftpd start
      と、vsftpdの再起動をしてたのだけど、
      クラウド・エヌ管理画面において
      開始ポート・終了ポートの設定は
      動的に反映されてた。これはいいね。

      国内最安値のクラウド・エヌに申し込んで、ブラウザで表示確認するまでの流れ
      category:クラウド | by:ittoocomments(0)trackbacks(0) | -

      国内最安値のクラウド・エヌに申し込んで、ブラウザで表示確認するまでの流れ

      2013.08.03 Saturday 21:34
      0
        NTT Communicationsが運営する、クラウド・エヌ(cloud-n)という
        国内最安値のクラウドサービスに申し込んでみた。




        クラウド・エヌを選んだ理由は、これまでgmoクラウドと、さくらクラウドをつかったこと
        あったのだけれど、とあるクラウドサービスの営業をしている知り合いから、国内最安値の
        クラウドサービスはNTT Communicationのクラウド・エヌだよ、という情報を
        仕入れたので、次にサーバ借りるときはクラウド・エヌにしようと
        きめていたのである。


        とりあえずクラウドサービスの他社比較してみたのが以下。
        といっても、有名どころの数社だけだけど。


        各クラウドサービス月額料金 メモリディスク容量仮想CPU
        ・クラウド・エヌ 945円/月0.5GB 10G 0.25
        ・さくらクラウド 1900円/月1G 20G 1
        ・gmoクラウド 2400円/月2G 20G 2
        ・ニフティクラウド 5040円/月0.5GB - 2


        というわけで、それぞれのスペックが違うので正確な比較には
        ならないけど、価格を軸にして使用するクラウドサービスを
        決めたい場合や、とりあえずクラウドをつかってみたい場合には、
        NTT Communicationsの、クラウド・エヌ(cloud-n)が945円/月の
        最安値なので(2013/8現在)、これに申し込んでみた。


        メアド、ログインID、パスワード、カード情報などを
        入力し、よくある一般てきな情報を入れて契約。


        クラウド・エヌ cloud-n


        ログインし、管理画面より仮想サーバを追加。
        とりあえず、サーバはCentOS。ISOは、デフォルトを指定。
        仮想サーバプランは、最小の
        t1.micro Plan vQ (0.25CPU / 0.5GB RAM)。
        次のデータディスクとは、名前がまぎらわしいが、
        追加ディスクのことなので、設定はしない。
        (↑ここは迷った。追加のディスクなのかわかりにくかったので)
        などなどの設定をして、仮想サーバを作成した。

        *仮想サーバのテンプレートとは,ゲストOSやApplication Server Enterpriseなどの製品がインストール済みで,かつ環境設定が完了している仮想サーバのイメージのこと。
        テンプレートを選択可能になってからは、テンプレートを選択した(ISOを選択していない)



        クラウド・エヌ cloud-n

        作成後、rootのパスワードが表示されるのでこれをメモ。
        そして、TCPのポート番号22と80を設定。

        クラウド・エヌ cloud-n


        で、さっそくtelnetでログインしてみる。
        IPアドレスは、どこに記載があるのかわかりにくかったが、
        仮想サーバーメニューの NIC にあるのでこれを使用する。
        というわけで、ここまでで無事telnetにてログインできた。



        以下は、とりあえずのサーバの設定。

        ★★ Apacheをインストール
        yum -y install httpd
        /etc/init.d/httpd start

        ・apache httpd.conf の設定
        AllowOverrideがNoneになっていると.htaccessファイルを読まないので
        AllowOverride All
        にする

        ・デフォルトでphpファイル読むようにする
        DirectoryIndex index.html index.php # ← index.phpを追加した

        ・NameVirtualHostの設定 後ろにIPアドレスを書く
        #NameVirtualHost *:80
        NameVirtualHost 208.55.220.77



        ★★ ftpサーバをインストール
        yum -y install vsftpd

        vsftpd起動
        /etc/rc.d/init.d/vsftpd start

        vsftpd自動起動設定
        chkconfig vsftpd on

        vsftpd自動起動設定確認(ランレベル2〜5のon確認)
        chkconfig --list vsftpd


        ★★ ftpクライアントをインストール
        yum install ftp


        ★★ phpをインストール
        yum -y install php

        ・適宜、必要と思われるモジュールをインストールする
        yum -y install php-devel php-gd php-mbstring php-mysql php-pdo php-pear php-xml php-imap php-json
        yum -y install curl-devel libxml2-devel libjpeg-devel libpng-devel libmcrypt libmcrypt-devel


        ★★ tcsh インストール
        yum -y install tcsh


        ★★ mysqlインストール 
        yum -y install http://ftp.jaist.ac.jp/pub/mysql/Downloads/MySQL-5.7/MySQL-client-5.7.1_m11-4.el6.x86_64.rpm
        yum -y install http://ftp.jaist.ac.jp/pub/mysql/Downloads/MySQL-5.7/MySQL-devel-5.7.1_m11-4.el6.x86_64.rpm
        yum -y install http://ftp.jaist.ac.jp/pub/mysql/Downloads/MySQL-5.7/MySQL-shared-compat-5.7.1_m11-4.el6.x86_64.rpm
        yum -y install http://ftp.jaist.ac.jp/pub/mysql/Downloads/MySQL-5.7/MySQL-server-5.7.1_m11-4.el6.x86_64.rpm
        yum -y install http://ftp.jaist.ac.jp/pub/mysql/Downloads/MySQL-5.7/MySQL-shared-5.7.1_m11-4.el6.x86_64.rpm


        ★★ユーザ作成
        /usr/sbin/useradd -d /home/ユーザ名 -s /bin/tcsh ユーザ名


        一応ここまで設定し、一通りサーバの設定したところで
        ブラウザのIPアドレスうちこんで、表示確認した。
        月945円なので、とりあえずクラウドためしてみたい人や
        自分でサーバいろいろさわってみたいと思っている人にはおすすめです。
        国内最安値という点がもっともいいところなんだよね。
        そんな、クラウド・エヌのサービス申し込みはこちらから↓

        NTTコミュニケーションズのパブリッククラウドサービス「Cloud n」
        月額945円(税込)から運用が可能です!

        NTTコミュニケーションズのパブリッククラウドサービス
        「Cloud n」






        category:クラウド | by:ittoocomments(0)trackbacks(0) | -

        ad
        Calender
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        Selected entry
        PR
        Category
        Archives
        Recent comment
        • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
          66hills
        • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
          ssd
        • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
          max
        • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
          DOM
        • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
          DOM
        • コンピュータ業界の根本的な変化
          cloud
        • コンピュータ業界の根本的な変化
          Dellの仮想化
        • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
          えちごや
        • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
          touch
        • マクドナルドでYahoo BBモバイルポイント 公衆無線LANサービスがつながらない
          bob77777
        Recent trackback
        • スマートフォンの法人活用例
          無線LANネットのブログ
        • Yahoo!オークションからのアフィリエイト収入が一気に70%減になってしまい涙目になってる話
          特選情報
        Recommend
        Link
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM